ゲームプレイに影響する動体視力とは?

ゲームプレイに影響する動体視力とは?

あなたは普段ゲームをプレイしていて敵がいるのに反応が遅くなった、こんなところに敵がいた、と思った場面はありませんか?

ゲーマーにとって動体視力はとても重要な能力の一つです。

 

この記事では、ゲームプレイに関する動体視力についてご紹介します。

動体視力について知り、ゲームスキルを向上させたい方は、是非ご覧ください!

 

ゲームスキルに影響する動体視力とは

動体視力とは、動いている物体に視線を外さずに持続して識別する能力のことです。

ゲーム画面を見て目から視覚情報を脳へ送り、脳が判断した情報を、今度は脊髄から運動神経を通って指先に指令が行き、初めて入力操作が始まります。

なので、動体視力を高めることができれば、ゲームスキルの向上に繋がるということです。

ですが、身体が疲労していたり、身体に痛みや不調があったりすると、脳から伝達された指示に反応する速度が遅くなってしまいます。

そこで、動体視力を高めるために、ゲームプレイの合間に座りながらできるストレッチ方法を紹介します! 

 

1.ゲームパフォーマンスを高める、股関節をほぐすストレッチ

椅子に腰掛け、左の太ももの上に右足のかかとを乗せます。

背筋を伸ばし、ゆっくりと上体を前に倒し30秒間保ち、元に戻します。

これを反対の足も同様に行います。

 


. ゲームパフォーマンスを高める、ふくらはぎ&太ももストレッチ

椅子に浅く腰掛けます。左足を前へ伸ばし、上体を少し前に倒します。

左足のつま先を体のほうへ向け30秒間保ち、元に戻します。

これを反対の足も同様に行います。

  

. ゲームパフォーマンスを高める体側伸ばしのストレッチ

椅子に深く腰掛け、左肘を真上に上げます。

そのままゆっくりと上体を右へ倒し、30秒間保ち元に戻します。

これを反対の足も同様に行います。

 

ゲームプレイに関する動体視力と視野の関係について まとめ

今回は動体視力とゲームスキルとの関係性、そしてゲームプレイの合間にできるストレッチ方法についてご紹介しました。

ゲームプレイの合間に、ご紹介した「胸反らし」「かかと太もも乗せ」「体側伸ばし」のストレッチを試してみてください。細めに休憩を取ることも大事なので、長時間プレイし続けないようにしましょう!