【ガチゲーマー必見】ゲームの目の疲れ対策3選!日頃のケアでプレイスキル向上

【ガチゲーマー必見】ゲームの目の疲れ対策3選!日頃のケアでプレイスキル向上

e-sportsの大会で勝利を目指したり、ランクマッチで上位を目指しているゲームガチ勢にとって、目の疲れは天敵です。

ゲームスキルを磨くための長時間のプレイは必須ですが、目が疲れていると本来の力を発揮できなくなり、効果的なトレーニングができなくなります。

この記事では、ガチゲーマーのための目の疲れ対策についてご紹介します!

 

ゲームをすると目が疲れる理由

ゲーマーの目の疲れには大きく3つの原因があります。

 

①目の乾燥

まばたき

目はまばたきすることで、涙の膜を張り直し、目を乾燥から守っていますが、ゲームに集中しているとまばたきの回数が減り、目が乾燥します。

私たちは、まばたきを1分間に約20回繰り返しています。でも、ゲームプレイ中のように、画面に集中している時は、1分間に5回程度になってしまうと言われています。

目が乾燥すると、目が疲れやすくなったり、場合によっては目に傷がつき目に悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

②ピント機能の緊張

目のぼやけ

目は近くのものと遠くのものを見る時、毛様体筋と呼ばれる目の筋肉が伸びたり縮んだりしてピントを調節しています。

目の前のモニターを見ている時、毛様体筋は緊張状態が続きます。すると、目の筋肉に負担がかかり、目のだるさや疲れに繋がります。

目の筋肉が疲れてピントが合わなくなると、画面がぼやけて見えたり、目の動きが悪くなったりします。

 

③ブルーライトの刺激

ブルーライトの光

ブルーライトとは、眼球の奥にある網膜まで直接届く光のことです。目にダメージを与え、眩しさやちらつきを感じさせる原因となります。

パソコンやスマホ、ゲーム機の画面などに使われているLEDモニターの光には、ブルーライトが多く含まれているため、長時間モニターを見続けることは、目に強い負担となります。

 

ゲーマーのための目の疲れ対策1

ゲーマーのための目の疲れ対策1つ目は、ブルーライトカットアイテムです。

ブルーライトカットメガネ

ブルーライトカット眼鏡やブルーライトカットシートなどを使うようにしてください。

  • まぶしさ、ちらつきを抑える
  • ピントが合うようになる
  • 光に弱い方は楽に感じる

などのメリットがあります。

2021年に「ブルーライトカットメガネは眼精疲労を軽減する効果があまりない」という発表もあるようですが、これは子供を対象にした発表だったそうです。

体感は人それぞれだと思いますが、ブルーライトをカットできるのは確かなので、もし利用していないなら是非GETしてみてください!

 

ゲーマーのための目の疲れ対策2

ゲーマーのための目の疲れ対策2つ目は、ホットアイマスクです。

アイマスク

目の疲れは目の筋肉の緊張からきます。筋肉を温めてほぐすことで、目の疲れを癒す目的で使われています。

ラベンダーなど心を落ち着かせてくれる香り付きのものもあるので、是非リラックスタイムにホットアイマスクを使って、ゲームの目の疲れを癒してください。

最近では、マッサージ機能つきのアイウォーマーなどもあります。目を温めるアイテムは、ガチゲーマーの必需品と言えますね!


ゲーマーのための目の疲れ対策3

ゲーマーのための目の疲れ対策3つ目は、目薬です。

目薬

目をうるおして乾燥から防ぐだけではなく、目の疲れに有効なビタミン系成分が含まれているものも多く、目のパフォーマンスアップのために是非とも使いたいアイテムです。

数百円の目薬から千円以上する目薬までありますが、目の疲れ対策をアピールしている目薬を選んでいただければOKです!

お近くの薬局で、「モニターを長時間見る人におすすめの目薬をください」と伝えていただければ間違いありません!


【ガチゲーマー必見】目の疲れ対策3選! まとめ

ゲーマーにとって目は命です。ランク上位を目指して、日々のトレーニングが欠かせないガチゲーマーにおすすめの目の疲れ対策を3つご紹介しました。

  1. ブルーライトカット眼鏡&ブルーライトカットシート
  2. ホットアイマスク&アイウォーマー
  3. 栄養成分配合の目薬

これらのアイテムを駆使して、是非トレーニングに励んでください!

でも、小まめな休息としっかりとした睡眠をとることが1番大事なので、ぶっ続けでゲームをやり続けるのは控えるようにしてください!