ゲームの肩こりへの影響と自宅でできるおすすめ対策3選

ゲームの肩こりへの影響と自宅でできるおすすめ対策3選

e-sportsの大会で勝利を目指したり、ランクマッチで上位を目指しているゲームガチ勢にとって、肩こりは避けて通れない不調です。

肩の痛みが気になってゲームに集中できなかったり、肩がだるく重くなっていることで、機敏な動きに支障が出たりすることに悩んでいるゲーマーは多いです。

この記事では、ガチゲーマーのための肩こり対策についてご紹介します!

 

ゲーマーに肩こりが多い理由

ゲーマーの姿勢

ゲーマーの方は同じ姿勢で何時間もゲームをプレイすることで、背中から肩にかけての筋肉が凝りやすくなっています。

画面に集中することで、頭が前に出て前屈みの姿勢になりがちです。すると、首や肩に負担がかかり、肩こりの原因になります。

ゲーム姿勢_猫背

成人の頭の重さは約 4~6kg あり、うつむくだけで頭の重さ の数倍の負荷が首にかかります。

首が前に傾くほど負荷がかかり、もっとも姿勢が悪いと その重さは27kg になります。

その状態で長時間同じ姿勢をしていれば、肩も凝るし、背中や腰が痛くなるのも納得ですよね。

 

ゲーマーにおすすめの肩こり対策1

ゲーマーにおすすめの肩こり対策の1つ目は、肩回しストレッチです。

  1. 右手で右肩を、左手で左肩を触ります。
  2. 肩を大きく前に10回回します。
  3. 次は後ろに10回回します。

ポイントは、左右の肩を同時に回すことと、指先が肩から離れないようにすることです。

指先が肩から離れると、肩の筋肉をほぐす効果が弱くなってしまうので注意です。


ゲーマーにおすすめの肩こり対策2

ゲーマーにおすすめの肩こり対策の2つ目は、肩・腕伸ばしストレッチです。

  1. 右腕をまっすぐ上に上げて、腕が耳につく状態にします。
  2. 右腕を曲げ、右肘を左手で押さえます。
  3. 頭の後ろみ右肘がくるように、左手で右腕を押さえて伸ばします。
  4. 痛くない程度に伸ばしながら5秒間キープします。
  5. 左腕で同じように5秒間キープします。

 

ゲーマーにおすすめの肩こり対策3

ゲーマーにおすすめの肩こり対策の3つ目は、肩甲骨ほぐしストレッチです。

肩甲骨は、背中の上側にある肩の骨です。肩甲骨には、肩こりと深く関係する筋肉が繋がっています。

肩甲骨をほぐすことで、肩こりの根本原因にアプローチする方法なので、是非試してみてください。

  1. 両肘を曲げて肩より上に上げます。手は軽く握って鎖骨の辺りに。
  2. 両肘をゆっくりと後ろに引きます。5秒かけて息を吐きながら。
  3. 肩甲骨を背中の中央に寄せたまま肘を下げ、脱力します。
  4. これを5秒繰り返します。

 

ゲームの肩こりへの影響と自宅でできるおすすめ解消法3選 まとめ

ゲーマーの多くが同じ姿勢で長時間いることや、画面に集中するあまり前屈みの姿勢になることで、肩や背中に大きな負担を与えてしまっています。

そんな肩こりゲーマーの役に立つ3つの肩こり対策をご紹介しました。

どれも簡単にできるストレッチなので、休憩時間に是非取り入れるようにしてください。

きつくやりすぎると怪我の元にもなりますので、くれぐれも力加減にはご注意ください。